MENU

足のむくみで痛みがあるときは?原因は冷えだった?

足のむくみの主な症状は、だるさや足が太く見える、
などがあります。

 

しかし、足がむくんで痛みを感じたことはありませんか?
だるさを通り越して、痛いのです。

 

足がむくんで痛みがあるときは、
とても血行が悪く、むくみの中でもかなり重症なものです。

 

放っておくと、血管の中に血の塊が出来、
『血栓症』という病気になってしまうかもしれません。

 

痛みのある足のむくみは、
主に『冷え』からきているものが多いです。

 

特に夏場は素足で過ごす女性が多いですが、
内くるぶしの少し上あたりを触ってみてください。

 

冷たくありませんか?

 

気温の高い夏でも、エアコンが効いていて
意外と冷えてしまうのです。

 

冷たい空気は下にたまりますから、
尚更足は冷えやすいのです。

 

出来ることなら、夏でも靴下を履くなど、
エアコンが直接足に当たらない工夫をしてください。

 

足がむくんで痛みがあるときは、
ツボ押しや揉みほぐすマッサージは逆効果です。

 

ゆっくりとお風呂に入って血行を良くし、
なでるようにリンパマッサージを行いましょう。

 

このとき、スリミングジェル「レッグ&スタイル」を使うとさらに効果的です。

 

リパーゼという酵素が脂肪細胞に働きかけ、
リンパのめぐりをスムーズにしてくれますよ。

 

リンパの流れにそって行うのがポイントです。
そして、寝るときに足を少し高くして寝てみてください。

 

クッションや丸めたタオルケットなどの高さで十分です。
だいたい心臓と水平になるようにしましょう。

 

このような適切なケアをすれば、
翌日までむくみや痛みが残っていることはほとんどありません。

 

もしも痛みを伴う足のむくみが長期間続くようなときは、
『腎臓や肝臓の障害』『心不全』『閉塞性動脈硬化』
『下肢静脈瘤』などの病気を患っている可能性があります。

 

何日もむくみや痛みが治まらないときは、一度医療機関を受診してみてください。

 

次のページでは、口コミで人気のむくみ解消サプリメントをご紹介します。