MENU

お酒とむくみの関係とは

お酒を飲んだ次の日、
顔がむくんでパンパン!なんて経験はありませんか?

 

お酒は水分なのに、どうしてむくむんだろう?と
疑問に感じる人もいるかもしれません。

 

お酒を飲んだ翌日にむくむのは、大抵が『顔』です。

 

普段より一回り以上も顔が大きくパンパンに腫れ上がって、
見る影もありません。

 

では、なぜお酒を飲むとむくむのでしょうか。
『お酒とむくみの関係』についてお話したいと思います。

 

お酒を飲むとむくむ理由

 

むくみは、体の中に水分がたまることで起こります。
たとえば塩分を摂りすぎたとき、塩分濃度を保つために体は水分をためこみます。

 

このように『水分が排出されない』ことがむくみの原因なのです。

 

お酒をたくさん飲むと、
肝臓はアルコールを分解するために大量の水分を使います。

 

お酒を飲んだあと、ものすごく喉が渇きませんか?
これはアルコール分解によって体が『脱水状態』になっているためです。

 

脱水状態になると、体はこれ以上水分を排出しないように溜め込むという
『防護反応』を起こします。

 

これがお酒とむくみの関係です。
そしてお酒を飲むのは大抵が夜です。

 

お酒を飲んだあとは、ほとんど寝るだけですよね。
水分が下がりきらないまま横になるため、顔がむくんでしまうというわけです。

 

お酒によるむくみの対策としては、お酒と平行して水を飲むこと、
味の濃いおつまみを避けることです。

 

また、寝る前にカフェイン入りのお茶を飲むことも良いでしょう。
カフェインには、むくみを解消する効果がありますよ。

 

次のページでは、口コミで人気のむくみ解消サプリメントをご紹介します。