MENU

顔のむくみの原因について

朝起きたときに顔がパンパンにむくんでいた、
という経験をしたことのある人も多いと思います。

 

顔がむくむとそれだけで太って見えてしまい、
良いことはあまりありませんね。

 

そもそも『むくみ』とは、リンパの流れが滞って
老廃物や水分が溜まってしまうことを言います。

 

顔がむくんでしまう原因とは、一体何なのでしょうか。

まず考えられるのは『アルコールの摂りすぎ』です。

 

アルコールには利尿作用がありますが水分をためこむ習性があるため、
アルコールの摂りすぎは顔をむくませる原因になります。

 

通常水分は重力によって体の下の方(足の方)に
流れていきますが、アルコールを飲むのは大抵夜です。

 

すると水分がしっかりと流れる前に寝てしまうので、
足の方へ流れず顔にたまったままになるのです。

 

アルコールを飲んでも、そのあとお風呂に入ったり
酔いを覚ましてから寝るようにすると
翌朝の顔のむくみはだいぶ違いますよ。

 

また、塩分や糖分の摂りすぎもむくみの原因になります。

 

塩分を摂ると、体内の塩分濃度を保つために
水分を保持するようになります。

 

糖分も、体内に水分を蓄えておく力が強いです。

 

しかも糖分は甘くて口当たりも良いため、
ついつい摂りすぎてしまったり、
摂りすぎたことに気が付かないことも多いのです。

 

普段から食事には気を付けていきたいものですね。

 

次のページでは、口コミで人気のむくみ解消サプリメントをご紹介します。