MENU

生理前や生理中のむくみやすい原因とは

生理前は、体や心に様々な不調が現れる時期です。

 

イライラしたり便秘になったり、
個人差はあれど何かしらの症状が出たことはあると思います。

 

これは一般的に『PMS=生理前症候群』と呼ばれていて、
ホルモンの影響のために起こると考えられています。

 

このように、女性の体はホルモンの影響を受けやすいのです。
このPMSの症状のひとつに、『むくみ』があります。

 

生理前や生理中にむくみで悩んでいる人は多いです。
それはなぜなのでしょうか。

 

生理前や生理中にむくむのは、
まさしく女性ホルモンの影響です。

 

生理前は黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増えます。

 

黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きをするため、
皮脂の分泌量が増えてニキビが出来やすくなります。

 

また、黄体ホルモンには
『水の排出を抑えて水分を体内に溜め込む』働きがあります。

 

これは、生理のときに血液として水分が失われるので、
それに対する備えだと言われています。

 

水分が排出されにくくなるということは、
むくみやすくなるということですね。

 

疲れがたまっていると、むくみを含め
PMSの症状が出やすいと言われていますので、
睡眠をしっかりととるなど疲れをためないようにしましょう。

 

生理前にむくまないように、生理前はアルコールや
甘いものを控えたり、

 

リンパマッサージを定期的に行うなどの
対策をとることが大切です。

 

このとき、スリミングジェル「レッグ&スタイル」を使うと効果的ですよ。

 

生理前だけでなく、日頃から塩分の過剰摂取を抑え、
お風呂やマッサージ、ストレッチなどで
血行を良くすることを意識していきましょう。

 

次のページでは、口コミで人気のむくみ解消サプリメントをご紹介します。