MENU

足のむくみの原因とは?

夕方になると足がむくんでパンパン!
まるでゾウの足のよう…なんて経験のある人は多いのではないでしょうか。

 

むくみと言えば、やはりイメージするのは『足』ですよね。
足は、確かに体の中でもっともむくみが出やすいところです。

 

それはなぜかと言うと、足が心臓から遠く、
なおかつ体の一番下にあるからです。

 

重力によって、水分などが体の一番下にある足に
たまってしまうということです。

 

むくみは、血液の流れが滞って水分や老廃物が
循環されないために起こります。

 

水分や老廃物は血液と共に身体中を巡っています。

 

心臓の働きによって血液は流れ、
重力に逆らう形でまた心臓に戻っていきます。

 

このとき、心臓へ血液を押し戻す働きをするのが
『ふくらはぎの筋肉』です。

 

つまり、足がむくんでしまうのは何らかの理由で
ふくらはぎの筋肉の働きが弱まっているためなのです。

 

その理由としてもっとも考えられるのは、
『長時間同じ姿勢でいる』ことです。

 

さらに女性の場合は、ヒールのある靴を履くことも多いですよね。
これらは、どちらもリンパの流れを悪くしてしまうのです。

 

また、お酒の飲みすぎや塩分の摂りすぎも
むくみの原因となります。

 

わたしたちの体は、常に塩分濃度を一定に保っています。

 

そのため、塩分をたくさん摂りすぎると
濃度を保つために水分をたくわえるようになるのです。

 

水分の排出がうまくいかなくなるということは、
『むくみ』が出てしまうということですね。

日頃から塩分の摂りすぎには気を付けたいものですね。

 

特に最近の食生活は欧米化していて、
肉が多いわりに野菜が少なく、味付けも濃いものが多いです。

 

素材の味を活かした薄味の和食を心がけたいものです。

 

そして、疲労や睡眠不足は心臓そのものの働きを弱めてしまいますので、
余計にむくみが出やすくなってしまいます。

 

むくみを改善するには、生活習慣の改善も欠かせないのです。

 

次のページでは、口コミで人気のむくみ解消サプリメントをご紹介します。